1fbea935-s


Classical domed sapphire crystal 

TCM  AFF3 Limited 50 SPORTS CLASSIC 47 には
クラシカルドームサファイヤクリスタルレンズが使用されております。

かつての超高級腕時計の世界では、
Rのついたドーム型の風防が御座いましたが、
最近の
サファイヤクリスタルレンズはコストの関係上、
フラットスタイルと呼ばれる平面レンズがどちらか言えば主流でした。
そこで往年のクラシカルなデザインでTCM 特別注文により
かつての味わい深いドームサファイヤレンズスタイルをあえて復活させました。


サファイア Sapphire(青玉)

Sapphire 名前の由来

サファイアは今では赤色のルビー以外の
コランダム Corundum (Al2O3) を指します
(青色以外にも様々な色があります)
 
サファイアの名前は
サンスクリットからきたらしく、
昔はギリシャ語で Sappheiros
ラテン語で Sapphirus といい
青い色を意味していました。
 
ちなみに仏語では
Saphir 蘭語では Saffier です。
 
ですから、当時は必ずしも
現在のサファイアを意味したのではなく、
むしろラピス・ラズリ Lapis lazuli のような
青い石を指していたと思われます。
 
逆に当時、アメシスト Amethyst
あるいは、ヒヤシンス Hyacinth
と呼んでいた石が現在のサファイアに
当たるのではないかと言われています。

上質なるサファイアガラスとは、
ガラスの代替素材として用いられる
工業的に生成されたサファイアクリスタルです。

サファイアは非常に高い高度を持つことで知られ、
その硬さは本物のダイヤモンドに次ぐ硬度ともいわれます。
熱や摩耗にも非常に強く、そして透明度も高く美しい。

上質なるサファイアガラスは、
耐久性に優れ硬度も硬く美しいという長所がある一方で、
生成加工の難易度が高く製造コストが比較的高い
という大きな難点が御座います。

そのため、これらのサファイアガラスは主に、
数百万円単位での高級腕時計の風防ガラスなどに使用されて来ました。
製造コストの関係で最近は
高級腕時計の
風防ガラスにはあまり使用されておりませんが、
TCMの場合はあえてこの高級素材に徹底的に拘りました。

サファイア(Sapphire、蒼玉(青玉))は、
コランダム(Al2O3、酸化アルミニウム)の変種で、
ダイヤモンドに次ぐ硬度の赤色以外の色の宝石。

9月の誕生石でもあり
モース硬度 9 という数字

 



5555555_IGP2673


地球上で2番目に硬いサファイアクリスタルレンズで作られた、
まさに究極の風防クラシカルドームクリスタルの採用。
 

Classical    Domed Sapphire  Crystal   Lens    TCM   


風防レンズ等に使用されるガラス(クリスタル)素材の種類。
人工サファイアで作られた特殊レンズで透明度・硬度が高い特別素材。
サファイヤクリスタルは簡単には傷が付かないのが最大の特徴。
サファイヤは一般的にダイヤモンドの次に硬い鉱石と言われています。
しかし加工に時間も手間もコストも掛かるため、
価格が比較的高価になるという大きなデメリットもありました。
スタンダードなジャンルの製品には使用されていない特殊素材でもあります。 
近年の数百万円単位レベルの超高級時計には正式採用されています。
ほとんど全てこの上質サファイヤクリスタルレンズが贅沢にも使われています。


Classical Domed Sapphire Crystal  Lens 

TCM  AFF3 Limited 50 
SPORTS CLASSIC 47 シリーズ全ての製品には
クラシカルドームサファイヤクリスタルレンズが採用されております。
 


http://www.horbiter.com/en/baselworld-2015-tcm-toponi-officer/



6d9c94f1-s



サファイア
クリスタルレンズとは何か?

地球上で2番目に硬いサファイアクリスタルレンズで作られた、
まさに究極の風防クラシカルドームクリスタルの採用。

サファイアは
アルミニウムと酸素で構成されている
コランダムという鉱物です。宝石名はギリシャ語のサフィルス
(青いの意)に由来します。宝石界では赤色以外のコランダムのことを
サファイアと呼びますが、一般的には青い色のものをサファイアと呼びます。
高値で取り引きされるサファイアは、透明感のある深い青色のものです。
サファイアは9月の誕生石に選定されています。
 
サファイアが青いのは、
不純物として鉄とチタンが含まれているためです。
純粋なコランダムの結晶は無色ですが、
サファイアのように鉄とチタンが混入すると、
赤色と黄色の光が結晶に吸収されます。
その結果、結晶を通過する光は、青色となります。
不思議な話ですが、鉄とチタンの両方が混ざっていないと、
青色になりません。鉄だけでは黄色になります。
チタンだけでは色がつきません。
合成サファイアを製造する際にも、
酸化鉄を1%と酸化チタン0.1%が混ぜられています。
 
 

5555555_IGP2657


Classical Domed Sapphire Crystal 
 Lens  Mohs hardness 9


地球上で2番目に硬いサファイアクリスタルレンズで作られた、
まさに究極の風防クラシカルドームクリスタルの採用。

モース硬度 9


モース硬さ
モースかたさ、

英語: Mohs hardness

またはモース硬さスケール

モースかたさスケール、
英: Mohs' scale of hardnessは、
主に鉱物に対する硬さの尺度の1つ。
硬さの尺度として、1から10までの整数値を考え、
それぞれに対応する標準物質を設定する。
 
ここで言う硬さの基準は
「あるものでひっかいたときの傷のつきにくさ」であり、
「たたいて壊れるかどうか」の堅牢さではない
(そちらはじん性を参照)。

モース硬度が最高のダイヤモンドであっても衝撃には弱く、
ハンマーでたたくなどによって容易に砕ける。
また、これらの硬度は相対的なものであるため、
モース硬度4.5と示されている2つの鉱物があったとしても、
それらは同じ硬度とは限らない。これは、
蛍石で引っかくと傷がつかず、
燐灰石で引っかくと傷つくということを示すのみである。
 
数値間の硬度の変化は比例せず、
硬度1と2の間、9と10の間の硬度の差が
大きいことも特徴的である。
一見すると不便な見分け方のようでもあるが、
分析装置のない野外においては、
鉱物を同定するために役立つ方法である。
 
モース硬度の「モース」は、
この尺度を考案したドイツの鉱物学者
フリードリッヒ・モースに由来している。
 

12465922_1100324290000688_3828819740648877121_o


Corundum

コランダム (corundum) は、
酸化アルミニウム (Al2O3) の結晶からなる鉱物。
鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれる。赤鉄鉱グループに属する。
 
純粋な結晶は無色透明であるが、
結晶に組みこまれる不純物イオンにより色がつき、
ルビー(赤色)、サファイア(青色などの赤色以外のもの)などと呼び分けられる。
 
古くから、磨かれて宝石として珍重されたが、
現在では容易に人造でき、単結晶は、固体レーザー、
精密器械の軸受などに使われ、
大規模に作られる多結晶の塊は研磨材、耐火物原料などに使われる。
 
なお、磁鉄鉱、赤鉄鉱、スピネルなどが混ざる粒状の
不純なコランダムは、エメリーと呼ばれ、天然の研磨材であった。




5555555_IGP2650


Corundum



コランダム(日本名:鋼玉)はアルミニウムの酸化鉱物です。
コランダムの本来の色は無色ですが、別の元素の混入によって、
鮮やかな色彩を呈します。赤色のコランダムがルビーです。
青色のコランダムはサファイアと呼ばれています。
両者は色彩が異なっていますが、実は同じ鉱物です
(色彩による名称の使い分けはコラムを参照してください)。
 
コランダムは六角柱や六角板の形状をなすことが多い鉱物ですが、
中央部が一番太く両端が細くなる形状をなすこともあります。
コランダムはとても硬い鉱物です。
レンズやガラスの研磨剤として利用されています。


深みのある赤色のコランダムのみ、ルビーと呼ばれています。
この呼び方は鉱物界と宝石界で共通です。
サファイアという呼び名の使われ方は異なっています。
鉱物界では、青色のコランダムのみをサファイアと呼び、
その他の色彩のものはコランダムと呼びます。
一方、宝石界では、赤色以外のコランダムの呼び名には
サファイアが使われています。ピンク色ならピンクサファイア、
黄色ならイエローサファイア、
緑色ならグリーンサファイアと呼ばれています。
サファイアのうち、特別な宝石名を持っているのが
パパラッチャです。パパラッチャはピンクがかった
オレンジ色のサファイアで、
名称はスリランカ語のpadparadscha(菜の花のつぼみ)に因んでいます。







6666666_IGP2214



サファイアクリスタルレンズの問題だけでなく
機械式腕時計の変わらない昔からの疑問点を根本的に解決させてみました。


左腕に装着させる事が
これだけ永い歴史の繰り返しで判っているのに
リューズの装着位置すら変更出来ない
保守的な発想と頑固なまでの習慣スタイルを断ち切る。

通常スタイルとしての3時の位置に存在していた
リューズの位置を9時の位置へと移動させました。
傾斜文字盤の採用はその視認性の良さを追求した結果の採用でした。

日常使用で長袖の裾から文字盤が
チラリと出た瞬間にこの傾斜角度30度は視認性だけでなく、
時計としての正しき位置への
オフセットをさり気なく実現してくれる傾斜角度でした。

実際にTCM製品の
デザインプロトタイプを数本単位で製作して、
過酷な環境であえて徹底的に酷使させてみたり、
ハードな環境を想定して
日常テストを年単位にて重ねて行きました。

無意味なようですが傾斜文字盤としては
有り得ない右手に装着させてみたり、
また左手に装着させてみたりと
実験を繰り返して行きました。
装着している間に気に入らない場所や
飽きが訪れるような小さな問題点は、
出来る限りに於いてプロト時に
試行錯誤を重ねながら排除させて行きました。

デザインと機能が本当に正しく一致しているか?

機能的なスタイルとそのフォルムは
あたりまえですが自然に美しくなくてはなりません。
その場しのぎの格好やデザインだけの受け狙いの大量生産製品には、
やがては飽きが訪れる事を誰よりも知っているからなのですが、
最低で10年単位で愛され、次の20年先や目指すべき、
その先の30年先
50年先へと受け継がれて行く
削ぎ落しのシンプルなスタイルの追求。


上質なるサファイアクリスタルレンズ 1枚にも
徹底的に素材とデザインに拘る理由は実はここにあったのです。
神経を研ぎ澄まして究極とされる モノとモノを組み合わせて行くとき、
そこには適当なコスト問題としての小さな妥協や諦めがあってはならないのです。
 



f7b09b3f-s


TCM  AFF3 Limited 50 SPORTS CLASSIC 47 に
カレンダー機能は本当に必要なのか?


時代背景としての30年前なら
カレンダー機能は是非にとも欲しい!
と思われるのは当然ですが
時代が時代でしたから無理もありません。

でも現代において既に数種類も
機械式腕時計のコレクションをお持ちの方が、
わざわざ文字盤のレイアウトデザインを
さらに不自然で難しくさせてしまうような、
小さな小窓増設やアナログのカレンダー機能を
本気で望んでいるとはさすがに思えませんでした。
はじめての1本を狙う時計初心者の方には
確かにカレンダー機能はあった方が良いのでしょう!






1397048_1098545173511933_2027974017129431654_o



カレンダー機能は本当に必要なのか?




カレンダー機能が付属されることによる
故障の原因であったり、
置きっぱなしの状態から日付け調整を
強いられる環境は正直面倒なのです。
美しき文字盤マニアと多機能マニアとでは
意見は大きく分かれますが、
自分の場合はこの手のカレンダー機能は
不完全が故に正直好きではありませんでした。

いつもカレンダー機能を調整させている時に思う事は 
この人間の指に架かる力や人に依る
ばらつきのある動かし方は本当に大丈夫なのかな?
いつかは変なトルクや負荷や荷重が
軸受けからカレンダーの円盤に加わり、
微妙なリューズの調整位置をも曖昧に
させてしまうのではと不安に思いました。

小さな精密機械の割には操作系は適当に
大胆で粗雑な扱いに矛盾すら感じました。
リューズを指と指で撮んでチャージさせるとき、
余計な機能を動かす為に軸芯を引いたり押したり、
ましてや中間で微妙な振動や動きや
ニュートラルを超えた次の段で止めたりするのが、
精密機器であるはずの機械式回路の接点、
機械摩耗の根本原因だとも考えました。


カレンダー機能は本当に必要なのか?


出来たら無い方が理想的かな?
こうした自分なりの理由で全てのモデルから、
このカレンダー機能本体と構造を排除させて頂きました。


Toshifumi Kako







b62e73de-s






http://www.horbiter.com/en/baselworld-2015-tcm-toponi-officer/






e3711a72-s













TCM_Sorci_Verdi_Insignia















10329823_1098545470178570_1472448647204041064_o















449af8e6-s




自分が本当に欲しいと思えるような
機械式腕時計が最近は非常に少なくなりました。
ある程度のコレクションが蓄積されてくると、
当然ですがどれも同じ様な系統ばかりが何故か集まります。

同じ様なモノばかりで構成されるのも
つまらないと思えるとき、こうした少し変わった
機械式腕時計で永く愛せるモデルに辿り着きます。

今までの時計コレクションを忘れ
こればかりを手に取るようになりました。

TCM  

SPORTS CLASSIC 47
 AFF 3 MILITARY GREEN  
Limited 50 

本体価格:398,000円+税

AFF-3
SPORT CLASSIC
1-00ATC7064 – SC – 1 / 00A
  
ムーブメント

ETA  2824  
自動巻/パワーリザーブ
42時間機能
傾斜文字盤 逆リューズ
防水95,5  M
Water-resistant 

ケース

PVD ブラックコーティング
316L ステンレス直径47mm

ガラス

クラシカルドーム
サファイアクリスタルレンズ

ダイヤル

ミリタリーグリーン
インデックスオレンジレターの
コンビネーション ストラップ

バックル

イタリアンナチュラルグリーン
AFFレザーベルト 22mm

AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama






c7a6497e-s




お気に入りの機械式腕時計を眺めながら過ごす時間。 
雨の日には雨の日なりの過ごし方があるのだと思う。

Toshifumi  Kako  

TCM  SPORTS CLASSIC 47  

AFF 3 CERAMIC WHITE  
Limited 50 本体価格:398,000円+税

AFF-3

SPORT CLASSIC
2-00ATC7064 – SC – 2 / 00A    
ムーブメントETA  2824  
自動巻/パワーリザーブ42時間機能
傾斜文字盤 逆リューズ防水95,5  M
Water-resistant ケースヘアーラインシルバー
316L ステンレス直径47mm

ガラス

クラシカルドームサファイア
クリスタルレンズ

ダイヤル

セラミックホワイト 
アップライトナンバーインデックス

ストラップ/バックル

イタリアンナチュラルグリーン
AFFレザーベルト 22mm

AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama






11693835_1015795511786900_5451138751572336759_n



AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama


Thanks to its inception in '20


Co., Ltd. Auto Fashion Factory Yokohama AFF1

Yokohama, Kanagawa Prefecture Tsuzuki-ku Hayabuchi 3-31-1

 

045-591-0888


AM: 11: 30 ~ PM: 21: 00

Thursday regular holiday




AFF3 Mechanical Tokyo


Tokyo just right in the middle


Co., Ltd. Auto Fashion Factory Tokyo Tower 3 shop

Tokyo, Minato-ku, Shiba Park 3-6-23 halo Kaikan Building 1F

 

03-6459-0831


Representative Director Kako Toshifumi

AM: 11: 30 ~ PM: 20: 00





Three_green_mice